私が免許を取った時の事。

バイクに乗るというのは、人によってはあまり興味のないことなのかもしれません。
また、人によっては学生時代から私のように様々な場所にツーリングをしに行き、趣味として現在も続けているという方もいるでしょう。
そんな方たちが必ず最初に行うのが免許を取りに行くことです。
今回は、私が免許を取った時の話をします。

免許を取るきっかけ

私がバイクに興味を持ち始めたのは高校生の頃です。
16歳になると、日本でも中型二輪をとることができるようになります。
そのため、私の友人の中でも中型二輪の免許を取ってバイクを乗り回しているような友人はたくさんいました。
私は進学校へ進んだために、そこまでの時間は確保することはできません。
なによりもアルバイトをしている余裕などはまるでなかったので、免許を取得する費用も工面することができなかったのです。

そんな時に、友達が私と二人乗り出かけようと誘ってきたのです。
その時に、風をびゅんびゅん切りながら進むことの気持ちよさを知りました。
それが、私がバイク乗りになるきっかけとなったのです。

それからというもの、毎月のお小遣いを少しずつ貯金をしていき、高校を卒業すると真っ先に教習所に通うようになりました。

教習所の出来事

高校を卒業するころというのは勿論18歳になっているわけですから、取れる免許も中型だけでなく大型の免許も取得が可能となりました。
そこで、私は大型の免許を取得することにします。
中型の免許で良かったのかもしれませんが、大は小を兼ねるということわざの通り、大型の免許を取っておけば、後々になってから後悔しないのではないかという安直な理由でしたが自分が今400ccのバイクに乗っていることを考えるとあながち間違いではなかったなと感じています。

教習所では、春休みということもありたくさんの人が仏自動車の免許を取得しに通ってきていました。
もちろん、私も人生で初めての交通免許であったため、学科の勉強をしなければなりませんでした。

教習所では、たくさんの失敗を重ねて少しずつ上達していったのですが、何よりも驚いたのが、バイクの車体を起こすことが難しかったことです。
もし転倒してしまった場合には、倒れたバイクを引き起こしてもう一度乗車しなければなりませんが、大型の自動二輪車は車体も大きければ重量も重いために中々起こすことができないのです。
これには、コツが必要で、慣れてしまえば女性の方でも起こすことは可能となりますが、当時の私には難しくて、中型の免許を取らなかったことを後悔すらしたものです。

それからというもの、何度も転倒してしまったり、試験もぎりぎりで合格したりと紆余曲折を経て免許を取得した時の喜びは今も忘れませんし、その喜びが、居間のツーリングをすることの喜びにもつながっているのだと考える感慨深いものがあります。